考える女性
突然の出費になった際に消費者金融や銀行からお金を借りられるカードローンというサービスがあるのをご存知ですか?
限度内の金額であれば、即日融資してくれる機関もあるので、便利なサービスです。

さて、このカードローンにはお金を貸す人がどのような人物か貸す前に調べる“審査基準”というものが存在します。
銀行や消費者金融側も商売なので、返す当てがなさそうな人には貸してくれません。

 
では、審査に通りやすい人とはどのような人でしょうか?
初めに一般的に重要だと言われている条件を挙げていきます。

  1. 安定した収入のある人
    目安は200万以上という説もあります。
    審査は年々厳しくなっているのでアルバイトの方や定職についていない方は通りにくいです。
    また、消費者金融で借りる場合は年収の3分の1までしか借りる事ができませんのでご注意ください。
  2. 年齢条件を満たしている事
    これは銀行のカードローンにおいて必須条件ですが、20歳以上66歳未満でないと貸してくれません。
  3. 他社(複数)から借りていない事

 
ここまでの審査基準はご存知の方も多いかと思います。

 
上記のもの以外に通りやすくするポイントは…

3つのポイント
  • 限度額を低めにして申し込む
  • カードローンで何より大切なのは貸す側と借りる側の信頼関係です。
    低ければ返す当てがあるアピールにもつながりますし、通りやすさにおいて重要な条件になってきます。

  • 記入ミスや記入し忘れを無くす事
  • 嘘をつかれたと相手が認識した時点で信頼関係が築けなくなり借入は困難になります。
    最近はスマートフォンでの借入申込が増えており、特に注意が必要になってきます。
    勤務先など間違いがないように記入を心掛けましょう。

  • 公共料金の支払いにも遅延がないようにする
  • こちらも滞納していると信用が築けなくなってしまいます。

上記のポイントを押さえて、嘘はつかずになるべく自分をよく見せる事が重要になってきます。
例えば、アルバイトの方なら、月収は一番稼いだ月のものを記入するなど。

ぜひ参考にしてみてくださいね。



保険証だけで借りれるおすすめのカードローンはこちら