主婦
低金利でお金を借入したい主婦には、15.0%以下で借入できる銀行ローンをおすすめします。

銀行ローンの多くは消費者金融より低金利であり、2%以上は低くなっているのが普通です。
ただ、一部には消費者金融と変わらない金利設定のローンもあるため、事前に金利をよく確かめておきましょう。

低金利は利息に直結する問題ですから、わずかな差にも敏感になる必要があるでしょう。
大手銀行だと14.0%などの設定も見られるので、お得に借りたい主婦に最適です。
はじめて借りるときは少ない金額になるでしょうが、今後のことはわかりません。
将来的に何度も追加融資を受けて、まとまった金額の借入になる可能性もあります。

高額の借入となると、より金利の1%の重みを実感するようになります。
利息が膨らんでしまうので、低金利かつ最小限の借入を意識してください。

ローンの金利交渉ってできるの?

パーセンテージ
正直、ローンの金利交渉は成功率が低く、自分の思い通りの設定にはなりません。

例えば4.5%~14.0%というローンがある場合、4.5%で借りたいと交渉しても受け入れてはくれないでしょう。

ローンというのは最初は高金利から始まって、利用額の増額に伴って金利が引き下げられていくのです。

初回契約から低金利で借りることは難しいので、上限金利を低く設定している金融機関から借りるべきなのです。
4.5%~14.0%のローンならば、絶対に18.0%になることはないでしょう。

 
金利交渉が成功するパターンとしては、利用履歴を積み重ねて信用力が上がった状況での交渉です。
毎月、早め早めに返済をして早期完済をしたような方だと、信用力が上がっているので金利交渉に応じてくれる可能性があります。

一般的には契約から半年くらい経過してから交渉するのが好ましいと言えます。
1~2ヶ月の利用では信用の構築は難しく、金利・増額交渉には応じてもらえないことが多いでしょう。
低金利でお金を借りたい主婦は、最初の申込先として銀行をおすすめします。



保険証だけで借りれるおすすめのカードローンはこちら