チェック
お金を借りるためにはさまざまな手続きや審査が必要でとても複雑なものだと思っている人もいます。

しかし実際には身分証と申込書だけでお金を借りることはできるのです。
それはさまざまな金融上のデータは「信用情報」に保存されているためです。

この信用情報があるおかげで、身分証だけで本人を確認し、信用力を測ることができるのです。
この仕組みのことを「スコアリング」と言います。

金融機関は申込者に関する情報を、信用情報から取得し、成績をつけます。ちょうど学校の通信簿のようなものです。

このスコアが金融機関内の基準を満たしている場合は融資可能となり、お金を貸し出すことができるようになります。

反対に長期間の滞納情報など、スコアを下げる要因があった場合は契約ができなくなります。
スコアとして判断されるものの代表的なものが、勤務先に関する情報、勤続年数、年収、現在ある借り入れ件数と金額、年齢です。

年齢が若いと収入が低くても、将来の伸びしろがあるため金融機関は関係を築こうとします。
反対に年収があっても年齢が高いと、近い将来退職することになりますので、融資に対しては控えめになります。

身分証は本人を確認するためのものであり、身分証の種類によって審査内容が変わることはありません。
限度額はスコア化した中で金融機関が独自に判断します。

もちろん申込書に書かれた希望限度額は考慮されますが、場合によっては希望よりも低い金額での契約にもなりますし、信用があればもっと高い限度額を与えてもらうこともできます。

高い限度額を希望する場合は別途収入証明書が必要になることもあります。
必要とされなかった場合でも収入証明書を提出することで金融機関のリスクを下げることができますので、有利な条件で契約できる可能性が広がります。

まとまった金額を希望する場合や低金利で契約したいときは収入証明書を送るようにし、申し込み時に予め書類を用意しておくとスムーズに手続きが進みます。



保険証だけで借りれるおすすめのカードローンはこちら